目黒の魅力と目黒区政についてお届けするサイト「たぞえとめぐろ」目黒区議会議員 たぞえ麻友

ページタイトル

  1. トップ
  2. たぞえ日記
  3. #保育園落ちた#目黒
    でも、まだやることは残っている!

#保育園落ちた#目黒
でも、まだやることは残っている!

最近、twitterで、「#保育園落ちた」を見ることが非常に増えました。目黒区では、2月8日(金)に保育園の内定が発表されるので、まだこのハッシュタグを使う方はいらっしゃいませんが、今まさに不安を抱きながら結果を待っていることと思います。

ここでは、想像したくはないと思いますが、もし「#保育園落ちた」になってしまった場合、もう一度だけ保活をしてみてほしい!という私からのお願いです。(以下、私が開催した「保活セミナー」から一部抜粋、変更した内容です。)

①二次利用調整に申し込みをする。
(「保育施設利用のご案内」p.17)
2月15日までに、希望園を空きのある保育園に変更し、二次利用調整にかけてみてください。もし、どうしても行きたい園がある場合は、空きがなくても残しておいてください。ごくごくごく!まれに内定を辞退される方が出て、定員が空く場合あります。
②定期利用保育に申し込む。(p.52)
一年ごとに更新が必要な暫定的な保育で、一年後にまた保活をする必要はありますが、とにかく今年の4月に復帰をしなければならない方は、ぜひご検討ください。一年後にはまた新規保育園の設置もありますので、一年待ってから申請してください。ちなみに、内定は抽選ででます。そして、区には新設園の空き枠を利用して、乳児の定期利用保育を実施してもらえるようお願いしています。もしかしたら、現在のエルデ保育園以外にも出てくるかもしれません。
③認可外保育園を探す。
内定発表が出てから、認可外はけっこう空きます!というのも、応募していた方の多くが認可の内定をもらい、辞退されます。なので、認可外にもう一度連絡し、あたってみてください。

【認可外保育園:お役立ち参考情報】
 • 企業主導型保育所
企業主導型保育事業助成決定一覧
 • 託児所、ベビーホテル等
東京都に届出済の事業所一覧
東京都による立ち入り検査結果

④31年6月開園予定の目黒区三田フレンズを希望園に入れて、6月選考にかける。(p.37)
⑤ベビーシッターを利用する。(在宅や短時間勤務なら)
都の事業を活用した「ベビーシッター利用支援事業」を活用して、ベビーシッターを利用してみませんか?ただ、補助が出るのが1日8時間まで、などの諸条件があるので、全ての方に利用いただけるものでもないと思いますが、使えそうだな、という方はぜひ!

まだ、これだけの選択肢が残っています。また、これら全てがダメだった場合でも、会社に育児休業の延長を相談することも一手です。

落ち込まないで!とは言えませんが、落ち込んだ後にもう一度だけがんばってみてほしい!と思っています。