目黒の魅力と目黒区政についてお届けするサイト「たぞえとめぐろ」目黒区議会議員 たぞえ麻友

ページタイトル

  1. トップ
  2. たぞえ日記
  3. 平成28年4月の小規模保育所3カ所開設に向けて (=定員最大57人の増!)

平成28年4月の小規模保育所3カ所開設に向けて (=定員最大57人の増!)

昨日、文教・こども委員会が開催され、委員として出席しました。
(こどもに関する教育・保育についての報告・議題が挙げられる委員会です。)
平成28年4月1日開設予定で、小規模保育所を3つ募集する計画が出ました。

【小規模保育とは】
簡単に言うと、いわゆる園庭つきの保育園から乳児クラス(0歳〜2歳)のみ切り出した保育施設です。
ただ、空き家やマンションなどで実施するため、園庭がないことがほとんどで、日中は公園に行くなど家庭と同じ環境での保育です。

今回、3カ所募集するということで、最大で57人の保育定員を確保する予定です。
場所については、事業者が物件を確保してから応募するため、現時点では残念ながら分かりません。
ただ、応募が募集数の3を超える場合は待機児童が多い地域を優先するとのことです。

募集については、7月15日から区のホームページに記載されますが、
保育所を探している方はその内容について気になるところだと思いますので、
詳細として、今回の目黒区の募集基準から抜粋、一部追記しました。

  • 0歳から2歳までの乳児10人〜19人までを保育する施設。
  • 保育従事者の配置は0歳児が3人につき1人、1〜2歳児は6人につき1人としてその合計数に+1人。
  • 保育士さんの配置によってA型、B型と区分しています。
    A型は全保育従事者が保育士。 B型は6割以上が保育士。
  • 3階までの空き家、マンション等の物件で実施する。
懸念点として、小規模保育に預けた子どもの3歳以降の保育園は確保できるのか?と質問しました。
現在、連携園を設定できないか検討しているとのことです。。。。。。

また進捗を問うていこうと思います。