目黒の魅力と目黒区政についてお届けするサイト「たぞえとめぐろ」目黒区議会議員 たぞえ麻友

ページタイトル

  1. トップ
  2. たぞえ日記
  3. <保活セミナー2019 vol.2>
    きちんと対策すれば怖くない
    〜対策なんて必要?と思っている方に〜

<保活セミナー2019 vol.2>
きちんと対策すれば怖くない
〜対策なんて必要?と思っている方に〜

申し込みはフォームをクリックし、必要事項を入力、送信して完了となります。
[申し込みフォーム](←ここをクリック)

■日時:11月23日(土)10時00分開場
10時15分〜11時15分
12時まで意見交換(途中退席OK)
■会場:中目黒スクエア6階 視聴覚室
目黒区中目黒2-10-13
■アクセス:東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分、東急バス 東京共済病院前 下車 徒歩2分、東急バス正覚寺 下車 徒歩8分
(当日は保育サービスのご用意はありません。お子様も一緒にご参加ください。)
■費用:無料

10月に保活セミナーを行った際、参加者の方は
<かなり対策している>ご様子でした。
その一方で、対策をされていない方も多くいらっしゃる現状もあります。対策していない方にこそ!来てほしい!と思っています。
以前、「保育園に入れなかったので仕事を辞めました」という目黒区の方から言われたことがあります。不承諾にならないために、また不承諾になっても仕事を辞めないために、何ができるのかを今のうちに知っていただきたいです。不承諾が来て びっくり!どうしよう?ではなく、見通しを立てて安心してこれからの冬を過ごしていいただきたいと願っています。

<背景>
待機児童数全国ランキングにおいて、目黒区がワースト3位になったのが2017年5月(※待機児童の定義変更による事情もあります)。その時の待機児童数は616名。その後、目黒区の保育園増設が進み、2019年5月には待機児童数79名となりました。
大幅に減少し、保育園内定が以前よりはるかに出やすくなった状況ではあります。とはいえ、申込者全員が保育園に入れるわけではないということをご認識いただきたいと思います。また、利用案内が10月1日に配布されましたが、それを読んでも、「で、どうしたらいいの?」と悩まれている方もいらっしゃると思います。

<セミナー内容>
ほぼ毎年行っている私の保活セミナーは、3人の子どもを保活した経験から、保活の不安を軽減したいという思いで行っています。(後援会への勧誘などは一切しません。) また、区議として把握している情報から、目黒区の傾向をお伝えします。
ここ数年、本当に多くの私立認可保育園や企業主導型保育園などが増えました。 保育園の選び方、またもし不承諾が出たときの備え、選択肢をご提案します。

申し込みはフォームをクリックし、必要事項を入力、送信して完了となります。(再掲)
[申し込みフォーム]

<お問い合わせやキャンセルなど> mayutazoe@gmail.com

※申し込み締め切りはセミナー当日11月23日午前9時まで
※天候や災害等で開催を中止する場合があります。予めご了承ください。

目黒区議会議員
たぞえ麻友